• 意外と知らない母の日の由来を知って感謝を伝えよう

    母の日は、日本では5月の第2日曜日となっています。

    母の日について学ぶならこのサイトは外せないでしょう。

    毎年当たり前のようになっている行事ですが、なぜこの日になったのでしょうか?実は母の日は日本だけでなく、世界でいくつかの国にあります。


    由来は国によってさまざまですが、日本ではアメリカから伝わりました。


    アメリカのフィラデルフィアに住んでいた少女が母の死を追悼するために教会で記念会を開催し、白いカーネーションを贈ったことで始まったのが由来とされています。
    この少女の気持ちに賛同した人たちが母の大切さを認識して、1908年の5月10日に生徒や母親が集まって、最初の母の日を行ったそうです。


    後の1914年には当時の大統領が、5月の第2日曜を母の日とすることを決め、アメリカでは国民の祝日となっています。


    日本で初めてこの行事が行われたのは、明治時代の末期といわれ、教会でお祝いの行事が行われていました。



    そこから徐々に浸透していき、昭和に入ってからは大日本連合婦人会が結成され、皇后の誕生日である3月6日を母の日と決めましたが普及には至りませんでした。


    1973年にはあるお菓子メーカーが大会を行ったことで知られるようになり、日本中に広まっていきました。


    1949年ごろにアメリカと同様、5月の第2日曜日に行われるようになり、現在のようにこの日に行事が行われるようになったのです。
    この日は母への感謝を伝え、日ごろの苦労をいたわる日です。



    母親が存命ならば赤いカーネーションを、もし鬼籍に入っていたとしても、白いカーネーションを贈って感謝を伝えましょう。