• 母の日のはじまりと贈るときのポイント

    母の日は5月の第2日曜日ですが、祝う習慣になった起源には色々あって一番知られているのが100年ほど前のアメリカ・ウェストヴァージニア州で、アンナ・ジャービスという女性が亡き母を追悼するために、1908年5月10日にフィラデルフィアの教会で赤いカーネーションを配布したのが始まりです。
    この風習は1910年にウェストヴァージニア州の知事が5月第二日曜日を母の日にすると宣言して、それがアメリカ全土へと広がり1914年に制定されました。

    日本では初めてイベントとして行われたのが明治末期ころで、1915年に教会でお祝いの行事が催されるようになって少しずつ民間に広まったと伝えられてます。


    長い歴史の中でもカーネーションを贈る日と定着してますが、普段の母の苦労を労わって感謝を表す日です。

    一般的に母の日の贈り物の予算は3、000円〜5、000円程度で、花やスイーツなどだと少し良いものが選べます。

    最近何かと話題の母の日の情報収集がもっと楽になります。

    中には特別な日として10、000円くらいのプレゼントを選ぶ人もいます。

    ただ、あまり高いものだとお母さんに気を遣わせてしまうので無理のない予算設定がポイントです。


    ポイントを意識すれば選びやすく、やっぱり花を贈りたいときは少し豪華な花を選ぶのがおすすめで華やかな花だと気分も明るくなります。


    スイーツだと特別感があるもので限定やお取り寄せが良く、特に普段はお母さんが自分で買わないようなスイーツが人気です。
    また、家族そろってみんなで楽しめる食事もよく1年に1度なのでこの日だけは少し贅沢な外食などもいいかもしれません。



    プレゼントとして人気なのが調理家電で、新しい料理に挑戦できる物も良いです。


    趣味に関連した贈り物や、お洒落が好きならお気に入りのブランドのコスメやアクセサリー、スポーツが好きならスニーカーなどでもよく気持ちが伝わるようなものを選ぶのが望ましいです。